協力しながら自立する 自立しながら協力する

先に生まれただけの僕7話観た。
卒業結婚したいあの二人に何か予告に出てない深刻な理由でもあるのかと思いきや特になかったw
なのであひるの感想は変わらずこれです。

>ちなみにあひるなら大学進学を薦めるな。
>籍入れたいなら入れればいいけど成績優秀なら大学出といた方が絶対いい。
>もし結婚生活が将来破綻した時、一人で生きて行く為にも学歴はあった方が就職にも有利だし。
>それ許さんような男なら結婚自体やめとけって言うなー。

一つ訂正するとすれば、いきなり離婚前提の感想になってしまってたところかな。
ドラマ内で男の仕事が万が一ダメになった時に自分が働いて養えるように進学しろって言ってて、
そうか離婚よりそっちの方が先だったなって思い直したw
今時は共働き夫婦も増えてるしね。

鳴海真柴の説得内容はそれ以外は概ねあひるの意見と一緒だったので頷きながら聞けた。
彼らは結婚自体を反対してるんじゃなくて、『今焦って結婚すること』に反対してるんだよな。
というかあの店長女子高生がすぐにでも結婚したい理由がマジでよくわからんかった。
別に妊娠したわけでもなく、男が海外赴任でついて行きたいとかでもなく、
ただ母子家庭で育った自分はとは違う父親のいる幸せな家庭を作りたいからとか意味不明。
それ大学出てからでもできるよね?w
まあ女子高生の方は真面目そうだったし若さゆえに周りが見えなくなって突っ走ってた感あったから、
高卒母親の負担軽減とかいろいろ理由こじつけて結婚を正当化したかったんだろうなー。
経産省勤めの母親って事は一般的な母子家庭より恵まれてるはずなのに。
早く子供作りたかったって事なのかな?

でも真柴も言ってたけど問題はむしろ男の方だよな。
そもそも30近い店長がバイトの女子高生に手出して、手繋いだだけだけど結婚します!とか何か諸々変じゃね?
テーマがぶれるから省かれたけどたぶん副校長の「そんな男はこの世にはいない!」が真実な気がするw
やけに自分は堅実優秀アピールして中途半端にプライド高そうだし、
彼女が結婚したがってるからとか言って責任を女に丸投げしてるようにも見えたし、
一見まともそうでいざという時無責任になるタイプだろ。
何より彼女の(ひいては自分の)今後の人生を左右するかもしれない大事な話の途中で帰ろうとするとこがなー。

個人的にはあの店長と女子高生はいつか別れそうな予感しかしないが、彼女はどういう決断をするんだろう。
帰宅後の母娘の抱擁との涙からして今すぐの結婚は思いとどまった感じか?
そうは言いつつ最後の娘に向かって腕を広げる母親の姿見てたら、
この母親なら今後娘が結婚を望んでも進学を選んでもその選択を受け入れて、
娘の幸せの為に協力してやるんだろうなって思ったよ。

保健医は高卒結婚出産経験者?説得シーンに彼女がいなかったのは経験者談の威力が絶大すぎるからかな。
あそこで説得するのが恋愛力低めな既読スルー男鳴海と未婚喪女真柴であることに意味があったのかもしれん。

今回は校長・副校長・現代社会のトリオのシーンがコミカルでテンポも良くて面白かった。
誰もまともに取り合ってないと思ってたスマホ問題を鳴海はちゃんと考えてたんだなw
生徒たちの発言は相変わらず幼稚なままだったなー。
だから偏差値低い設定にしたんだろうけどあの論点ずらしと煽り方は酷すぎて先生に同情するわ。


映画 謎解きはディナーのあとで DVDスタンダード・エディション


加賀谷専務のトイレ邪魔すんなチョップと家での立場の無さワロタww
そして娘の部屋の壁が謎解きはディナーのあとで影山イラストだらけwww



クロックス オンラインショップ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する